カテゴリー別アーカイブ: キャビテーションを知る

キャビテーションを行う業務用の機器の40khzの効果は?

キャビテーションは日本語に訳した場合、「空洞化現象」と訳されますが、液体に圧力をかけると気泡を生じさせ、その泡の中身が空洞化の状態になるからそう言われます。例えば水槽でエアレーション装置で空気を発生させれば泡が出来ますが、それは高圧である液体の中に空気を入れることで局所的な低圧状態になり泡が出来る現象と似ています。
実際にキャビテーションではこの空洞化現象を利用して、肌の深層部に働きかけを行い、それによってダイエットに導こうとします。その原理は超音波を気になる部分に照射を行い、それが皮膚の脂肪部分に届くので、それによって気泡を発生させる仕組みを利用します。
脂肪といっても中は液状化しているため、超音波の振動を与えると気泡が発生しますので、それを利用していきます。実際には脂肪細胞同士が振動すると熱を生じさせ、脂肪を溶かす作用を持つのでそれによって脂肪自体の軽減を図ることが可能です。
もちろん軽減された脂肪は、血液やリンパの流れに乗り、体外へ排出させる形になり、外見を良くする他に体重を減らすこともできます。なおキャビテーションをやらずとも、運動や筋トレなどを行えば脂肪が燃焼するのではという意見もあるかもしれません。
しかしながらなかなか運動や筋トレでは、脂肪が燃焼されにくいのも事実で、より局所でも効果的に燃焼させていくためにキャビテーションの施術を行うことが適しています。なおキャビテーションを行う上では超音波を照射することができる専用の機器を必要としますが、それには出力パワーがカギを握ることが多いです。
出力パワーが高ければ効果が高く、低ければ効果も低くなります。ただ出力パワーが高い分だけで体の皮膚に負担を与えるリスクも高くなるのは言うまでもありません。
そして出力パワーは周波数の単位でもあるhzで表記することも可能で、一般的な業務用で用いられている機器は40khz以上になります。実際の40khzの場合では皮膚の深層部分の浅いところまで届くことが可能で、一般的な業務用ではよく用いられます。
もちろん高出力のタイプも存在し、25khzであれば脂肪深層部を通りこして筋肉層の手前まで働きかけることができるようになります。一方では家庭でも行いたい方のために家庭用の機器も存在し、そのパワーに関しては330kHz以下が多く、非常にコンパクトに行うことができます。
もちろん330khzであれば、皮膚の浅い脂肪分のみになるため、なかなか効果が現れにくいため、かなり太っている方や脂肪がよくついている部位では、ほとんど期待される効果を得られないです。大抵は40khzからスタートして、25khz付近まで徐々に出力を上げていき、筋肉層に近い脂肪層から施術を行うことがポイントになります。
機器の価格に関しては40khzであれば標準タイプになり、40,000~100,000円の範囲内ですが、25khzであれば100,000円以上になることも多いです。つまり出力パワーによって価格が変わってくるので、キャビテーションを行う上でのポイントになります。

ポンプ破壊の原因と言われるキャビテーションとは

キャビテーションは痩身機器として知られている美容商品です。主にクリニックなどで導入されているもので、利用者の脂肪細胞を破壊します。欧米の美容業界では古くから注目されているものです。キャビテーションというのは空洞現象とも言われています。ポンプやスクリューが破壊されてしまう原因の1つとして知られています。
レンズ洗浄機というものがありますが、これは超音波の泡の中にレンズを入れて洗浄するものです。この泡の部分がキャビテーションでごく小さな気泡が破裂するときの衝撃により脂肪細胞を分解します。基本的にキャビテーションは脂肪細胞だけを分解する仕様なので他の場所に傷が入りません。かなり安全に作られたものなので信頼感があります。
メスなどを一切使用しないので痛みや腫れもなく安心して利用できるのが強みです。近年は脂肪吸引に次ぐ部分痩せの手段として多くのクリニックで導入されています。実際にキャビテーションを使用して脂肪除去施術方法ですが、まずトリートメントを行います。その後専用機器を使用して脂肪層に泡を発生させて衝撃波により脂肪細胞の細胞膜を破壊します。
脂肪細胞破壊作用は施術から数時間ほど継続します。体内に漏れてしまった脂肪溶液は、3日ほど掛けてリンパで肝臓に流れます。肝臓で分解されて尿として体外に排出されるので安心です。1回のトリートメントで効果を実感する事ができるので何回も行う必要がありません。さらにダイエットでは除去しにくいセルライトの除去も可能なので人気があります。
施術時間ですが1部位当たり10分から20分程度です。あまり時間もかからないので少ない部位の処理なら仕事帰りにも利用できます。キャビテーションをする時に気になるのが料金でしょう。基本的に1パーツ当たり7000円くらいと考えておくと良いです。
2013年後はじめて登場したもので、当時は1部位2万円から3万円くらいはしていました。その後機器の能力も向上して従来よりもコストが少なくなったため値段は安くなっています。ただエステによっては利用金額に差があるので注意が必要です。高いところなら3万円位するサロンもあります。公式サイトを見てどれくらいの金額がかかるのか確認しておくと良いでしょう。
サロンによっては体験料金で利用できます。初回限定で通常料金よりも安価に利用できるのがメリットです。通常料金の約半値から4分の1位の金額で利用できるので、どんなものか確かめたいときに良いです。注意点として個人エステで利用するときは料金だけでなくその他の費用も確認しておきましょう。脂肪除去費用だけを表記しているところだと、他の手術とセットになっている可能性があります。
表記金額よりも高くなってしまうので内容をしっかり確認しておかないといけません。ちなみにマシンは医療用と医療エステ用のものがあります。医療用のものは導入しているクリニックが少なく料金も高めです。