月別アーカイブ: 2021年6月

なぜラジオ波をエステで活用するのか

エステと言えば美容器具やマッサージを用いて、美肌やダイエットを行っているようなイメージがあります。実は周波数30~300MHzといった、高周波であり無線通信に使われている電磁波の一種である、ラジオ波を体に流すことにより、脂肪を落としやすくする、エステメニューもあるのです。

この電磁波はradio frequencyの略でRFと表記されます。このラジオ波には温熱効果があり、体の深部体温を上げることで脂肪燃焼を促してくれる作用もあり、普通深部体温を三度から五度上げてくれる効果があります。体温を上げることのメリットは、脂肪燃焼ばかりではありません。この他に体の新陳代謝アップも図れるので、そのことにより血流を促進して老化防止や冷え或いはむくみなども改善するのに役立ちます。

つまり、代謝がアップすれば太りにくい体をつくることが可能で、同時に老廃物をためにくいボディを期待できます。このラジオ波は、以前は主に医療業界で使用されていましたが、現在では美容業界で、この技術を取り入れた機器が開発され、多くのエステサロンで利用されているのが現状です。

ラジオ波はリスクがほとんどなく、痩身効果が得られると評判で、しかもその施術を一、二回受けただけで、痩せたと感じる人が多いです。多くのサロンで数回施術を受けたが、何ら効果がなかったと感じるのに比べて、ラジオ波の威力はすごいものだと言わざるを得ません。エステでラジオ波を受けるには週に一回ぐらいが適切です。

その施術によって広がった血管から老廃物が排出されるので、施術の前後に水を多めに飲むと、老廃物がより出やすくなります。またラジオ波で細胞組織の熱が上がります。そのため施術をした後で運動すれば更に痩身のスピードが増します。

ラジオ波は脂肪が多い人は早く実感を得られますが、脂肪があまり多くない人が施術を受けても、痩せたと感じるには時間がかかってしまいます。どんな方法でも個人差があることを念頭に置いて行いましょう。