キャビテーションは授乳中にも利用できるのか

エステサロンでは様々な美容に役立つ施術が提供されています。特に痩身コースは人気となっており、理想のスタイルを目指してサロンに通う人は多いものです。
エステサロンの施術は体に負担が少なく、安全な方法で行われていますがやはり体調の悪い時期は避けたほうが無難です。特に妊娠中は体調も日々変化していますし、お腹の赤ちゃんへの影響も考えて施術を休止することになります。
妊娠中は体重も日々増えていきますし、お腹が大きくなることや骨盤の歪みなどでスタイルも変化していきます。妊娠中は体重が増えることは当たり前ですが、極端に太ることは良くありませんので、食事や運動などで適正な体重を維持していきましょう。この場合も自己流ではなく、医師の指導のもとに正しい方法で行うことが大切です。出産後はお腹の赤ちゃんへの影響も気にしなくてよくなりますので、エステサロンによるダイエットを再開させたいと考える人は多いのではないでしょうか。痩身エステでは様々なコースが用意されていますが、キャビテーションも人気の高い施術です。スタイルが崩れてしまう理由には余計な脂肪がついていることもあげられますが、自己流のダイエットで部分痩せを成功させるのは簡単なことではありません。その点、キャビテーションは超音波を使い、気になる部分の脂肪を溶かし体外に排出しやすくしてくれます。施術を受ける人は基本的に寝ているだけなので体への負担もほとんどありません。出産後のスタイルを整えるのにも良い施術と言えますが、授乳中にも施術を受けられるのかは気になるところです。出産を済ませている人は胎児への影響は心配ありませんが、授乳中は避けたほうが無難です。授乳中はまだ体も十分に回復していない人もいますので、施術の途中で気分が悪くなる可能性もありますし溶けた脂肪が血液に乗って母乳に混ざる可能性もないとはいえません。そして、まだホルモンバランスも乱れがちな時期ですので、せっかく施術を受けてもダイエット効果が十分に出ない可能性もあります。ホルモンバランスが乱れている時期は肌荒れなども起きやすいので、施術を行うことで肌トラブルが起きることも心配されます。
キャビテーションを再開するのは、やはり授乳も終わり体調が落ち着いてからが良いといえるでしょう。施術の再開時期をいつにするかは、担当の医師に相談してみることもおすすめです。
授乳期はいつもよりも、消費カロリーも多くなるので痩せやすい時期です。それゆえ、特に努力をしていなくても痩せる人は多いものです。授乳期はお腹も空きやすくなりますが、食べ過ぎてしまうとやはり太ることにつながります。
授乳期は栄養を摂ることも大事ですが、甘いものなどを食べすぎないよう、低カロリーで栄養価の多い食事を選びましょう。授乳期は、痩せることよりも、赤ちゃんの健康、本人の健康を第一に考えることが大事です。ダイエットしたい場合は食事の工夫や軽い運動など体に負担の少ない方法を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です