ポンプ破壊の原因と言われるキャビテーションとは

キャビテーションは痩身機器として知られている美容商品です。主にクリニックなどで導入されているもので、利用者の脂肪細胞を破壊します。欧米の美容業界では古くから注目されているものです。キャビテーションというのは空洞現象とも言われています。ポンプやスクリューが破壊されてしまう原因の1つとして知られています。
レンズ洗浄機というものがありますが、これは超音波の泡の中にレンズを入れて洗浄するものです。この泡の部分がキャビテーションでごく小さな気泡が破裂するときの衝撃により脂肪細胞を分解します。基本的にキャビテーションは脂肪細胞だけを分解する仕様なので他の場所に傷が入りません。かなり安全に作られたものなので信頼感があります。
メスなどを一切使用しないので痛みや腫れもなく安心して利用できるのが強みです。近年は脂肪吸引に次ぐ部分痩せの手段として多くのクリニックで導入されています。実際にキャビテーションを使用して脂肪除去施術方法ですが、まずトリートメントを行います。その後専用機器を使用して脂肪層に泡を発生させて衝撃波により脂肪細胞の細胞膜を破壊します。
脂肪細胞破壊作用は施術から数時間ほど継続します。体内に漏れてしまった脂肪溶液は、3日ほど掛けてリンパで肝臓に流れます。肝臓で分解されて尿として体外に排出されるので安心です。1回のトリートメントで効果を実感する事ができるので何回も行う必要がありません。さらにダイエットでは除去しにくいセルライトの除去も可能なので人気があります。
施術時間ですが1部位当たり10分から20分程度です。あまり時間もかからないので少ない部位の処理なら仕事帰りにも利用できます。キャビテーションをする時に気になるのが料金でしょう。基本的に1パーツ当たり7000円くらいと考えておくと良いです。
2013年後はじめて登場したもので、当時は1部位2万円から3万円くらいはしていました。その後機器の能力も向上して従来よりもコストが少なくなったため値段は安くなっています。ただエステによっては利用金額に差があるので注意が必要です。高いところなら3万円位するサロンもあります。公式サイトを見てどれくらいの金額がかかるのか確認しておくと良いでしょう。
サロンによっては体験料金で利用できます。初回限定で通常料金よりも安価に利用できるのがメリットです。通常料金の約半値から4分の1位の金額で利用できるので、どんなものか確かめたいときに良いです。注意点として個人エステで利用するときは料金だけでなくその他の費用も確認しておきましょう。脂肪除去費用だけを表記しているところだと、他の手術とセットになっている可能性があります。
表記金額よりも高くなってしまうので内容をしっかり確認しておかないといけません。ちなみにマシンは医療用と医療エステ用のものがあります。医療用のものは導入しているクリニックが少なく料金も高めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です