美容ケアは行う種類によって頻度を変える

美容ケアを行う時には、全てが同じ頻度で良いというわけではありません。種類によって頻度を変えるべきであり、たとえばピーリングのように作用の強いものは週に1~2回程度で十分です。それ以上行うと肌を傷める恐れがありますので、適度なタイミングで行うことが求められます。肌が非常に厚くなっていてトラブルが顕著に出ている状態の時には、刺激に弱くなっているなどの症状がない場合に限り1日おきに行うこともありますが、状態が改善されてきたら週に1~2回程度のケアに切り替えてコンスタントに行っていくのが一般的なやり方です。
洗顔も頻度を誤っているケースが多いのですが、基本的に洗顔剤を使って洗うのは夜寝る前の1回だけで十分です。朝は前の日にスキンケアを行って寝ているだけですので、それほど多くの皮脂が分泌されておらず、洗顔剤を使うと乾燥してしまう恐れがあります。乾燥が酷くなると過剰な皮脂分泌が引き起こされてオイリー肌へと変化してしまいますので、必要最低限の皮脂を奪わないようにするためにも朝の洗顔では使わない方が無難です。

 

ただし、夏場のように寝ている間にたくさんの汗をかいて皮脂も活発に分泌されるような状況においては洗顔剤が必要になりますので、その時々の肌コンディションを確認しながら最適な頻度を見極めましょう。肌質によっても異なる部分ですので、個々で判断する必要があります。
イオン導入などの機械を取り入れたケアは、最適な頻度でいうなら3日に1回程度が良いといえます。1回の使用時間も5分程度に留め、使い過ぎないことが大切です。家庭用のイオン導入器はサロンが使用しているものよりも電力が弱いのでそれほど大きな刺激を与えるものではありませんが、それでも体に電流を流していることに変わりはありませんので、毎日のように行うと負担になる恐れがあります。やり過ぎるとやけどをしたりシミが酷くなったり、吹き出物ができることもあるようです。