円満退社するためのポイント

転職を成功させるためには、まずは円満に現在所属先の会社を退職する必要があります。転職が決まったとしても、スムーズに退職できなければ決められた時期に転職することができません。辞める際の言動で悪評が立ち、人脈を失うことにもなりかねません。円満退社することは転職成功の条件ともいえますので、円満退社のポイントを説明していきます。

転職スケジュールを立てる

転職するには現職をやめることと、新しい就職先を決めることが必要です。まずは働きながら転職活動をするのか、辞めてから転職活動をするのかを決めましょう。現職の繁忙時に辞めるのは避けた方が良いので、辞める時期を考え、就業規則に書いてある退職時期を念頭に、退職を上司に相談する時期を決めましょう。

上司に相談する際に決意をしっかり表明する

退職を上司に相談した場合に、慰留されることもあります。転職することをしっかりと意思表明し、退路を断つ覚悟で臨まないと、ずるずると現職に留まることにもなりかねません。その場合、退職の意思表明したことが会社内に広まることで、立場が悪くなることも考えられます。

立つ鳥跡を濁さずを心掛ける

辞めることが決定したら、今の会社に迷惑を掛けないように、自分のタスクはしっかりと期限までに消化し、引継ぎ資料をしっかり作って後任に引き継ぐことが必要です。職場を離れてからあれこれと課題が出てこないように、後任の人がスムーズに業務をこなせるようにしておきましょう。また、人間関係を悪化させないように気を付けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>