ヘッドハンティングと転職エージェントとの違い

人材業界には様々なジャンルのビジネスがありますが、なかでも高額の費用が必要となるのがヘッドハンティングと転職エージェントです。これらの違いについて説明していきます。

ヘッドハンティングの仕事内容

ヘッドハンティングという言葉の意味は、「社外から優秀な人材をスカウトし、自社に引き入れること」となります。ヘッドハンティング会社はこの業務をクライアント企業の代わりに行います。転職エージェントとの大きな違いは、転職を希望している人を紹介するわけではないということです。

クライアント企業の人材ニーズは非常に具体的で、特に実績を出しているエグゼクティブ層に偏ります。そういった人材は現状に満足しているケースが多く、転職しようという意思が無い状態のことが多いのです。こういった人たちにアプローチすること自体が難しく、ヘッドハンティング会社は探すことに多くの時間を割くことになります。

業務の性質上、費用が着手金と成功報酬に分けられていることが多く、着手金は目的の人材を獲得できなかった場合でも返ってこない契約もあります。それでも欲しい人材がいるときの最終手段のように考えている企業が多いと思います。

転職エージェントの仕事内容

転職エージェントの場合、クライアント企業の人材ニーズに対し、転職したいと思っている人の中から要件の合う人を紹介するという形です。転職エージェントは多くの転職したい人のリストを抱えていますので、人材を欲しいと思う企業がアプローチした場合に、すぐに見つかるケースもあります。

費用は採用する人材の年収の30~40%といったところで、年収500万円の人をエージェントを使って採用しようとすると、150~200万円の費用が必要になります。ただし、転職した人が半年以内にやめてしまった場合には、一部返金するといった保証制度を持っている会社が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>