ドラッカーのマネジメント論について

エグゼクティブはチームをマネジメントすることが求められます。

今回はドラッカーのマネジメント論について考えてみます。

ピーター・ドラッカーとは

ピーター・フェルディナンド・ドラッカーは、マネジメントを発明した男と呼ばれています。ウィーンで1909年11月19日に生まれ、2005年にアメリカで亡くなっています。ドラッカーが物心ついた頃は、第一次世界大戦の真っ只中でした。28才の時にアメリカに渡り、多くの著作を世に送り出しました。その中の一つがドラッカーのマネジメント論を集大成した『マネジメント』(1973年)です。

ドラッカーのマネジメント論の基本

ドラッカーはマネジメントを次のように定義しました。「組織をして成果を上げさせるための道具、機能、機関。」ドラッカーは、あらゆる組織は社会の機関となる。組織が社会の機関である以上、組織は社会やコミュニティ、個人のニーズを満たすために存在しなければならないと指摘します。

つまり、企業は、社会やコミュニティや個人のニーズを満たすことで存在意義があると説きます。そして、この顧客創造のために企業がもつべき機能はマーケティングとイノベーションだと説きます。マーケティングとは、顧客の要求を探り、それに応じてサービスやプロダクトを提供する機能であり、イノベーションとは、顧客にとって未知のニーズを満たすサービスやプロダクトを創り出していく機能を指します。この2つが企業の命題となります。

マネジメントとは、マーケティングとイノベーションを上手くハンドリングし、企業目的に向かわせるものなのです。

マネージャーとは

マネジャーという言葉は、本来、「経営管理者」と訳すべきものでが、この表現だと企業のトップというニュアンスが強くなってしまいます。マネジメントとは、組織が成果を上げられるようにすることでした。となると、マネジメントすることとは、組織が成果を上げることに責任を持つこととなります。したがって、組織の成果に責任を持つ人がマネジャーということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>