キャビテーションで脂肪融解してサイズダウンも実現出来る!

部分痩せをしたいけれど、食事制限をしてもちょっと運動をしてもなかなか実現出来ないと悩んでいる方はいませんか。食事制限は確かに摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ痩せるという原理に基づいて考えれば、体重が減るという所ではメリットも有ります。しかし減るのは筋肉からですし、基礎代謝を下げて太りやすい体質になるというデメリットも出てきます。

筋肉量は減らさずに、尚且つ脂肪をどうにかしたいという事であればエステサロンでも導入されているキャビテーションを利用するのがおすすめです。ここでいう脂肪というのは、主にセルライトをさしますがセルライトは脂肪と老廃物の塊です。血流が悪くリンパの流れも滞れば、老廃物がリンパにとりこまれず停滞してしまい、近くの脂肪と結合してセルライトが出来てしまいます。このセルライトこそがダイエットの天敵でもありますし、ぼこぼことした見た目も悪く美容面でのネックとも言えるでしょう。

セルライトがある事で、血流はさらに悪くなりますし、リンパの流れが悪くなることで水分も溜めこんでしまいます。しかしセルライトは1度出来てしまうとなかなか除去するのは難しく、一番に思いつく脂肪吸引という方法も有りますが費用がかなり高額であったり痛みやダウンタイムがあるという点ではデメリットも考えなければなりません。もっと気軽にセルライト対策をしたい方におすすめなのが、痛みも熱さも無く快適に施術が受けられるキャビテーションです。

キャビテーションは、高周波で熱を深部まで伝える事によって脂肪を融解することが出来るマシンです。最近のエステサロンでは大手でも導入しているところが多いですし、効果については口コミでも高評価されていますので注目です。痛みも熱さも無く、じんわりとした温かさと言った感覚でトリートメントが出来るので快適です。1度だけではサイズダウンまでは出来ないかもしれませんが、継続して定期的に利用する事で、どんどんセルライトは小さくなっていきます。

ちなみにキャビテーションと併用する事でさらに効果が高くなると言われているのが、エンダモロジーです。こちらはセルライトを強力にもみほぐすことができるローラーのような構造のマシンで、専用のスーツ(タイツのようなもの)を着用して皮膚と密着させてトリートメントします。初回時には老廃物が大量にあるとすこしごりごりと痛みを感じる事も有りますが、回数を重ねていきやわらかくなってくるとリラクゼーション的な役割にもなりますし心地よく眠ってしまう方も多いです。肩こりにも効果があるという声も有りますし、筋肉をもみほぐして血流やリンパの流れも良好になりますので体質改善にもつながります。

エステサロンではこのようなマシンを利用する事で、効果的にセルライト除去ができますしメスを使うことなく思い通りのボディラインに仕上げてもらう事が出来るので試してみる価値はあります。

相性の良いキャビテーションとems

ダイエットをしたい時には、相性の良いキャビテーションとemsをセットで行うのが効果的です。キャビテーションは切らない脂肪吸引として広く利用されており、リバウンドの心配が要らないダイエット法としても有名です。ダイエットをする時には辛い運動をしなければならなかったり、食事制限をして我慢したりと続かない要因がありますが、いつも通りの生活を続けながら痩せられるキャビテーションは、これまで色々な方法で失敗した人達の救世主となっています。仕組みとしては、超音波を当てて脂肪を乳化させ、体の中に溶け出した物が排出されることで痩せられる施術です。これだけ多くの支持が得られるのは、脂肪細胞自体を取り除くことでリバウンドが起こらないからです。痩身効果は高くて即効性もありますが、電気ではありませんので刺激をあまり感じません。当てた部分は代謝が良くなって血流が改善され、循環が良くなることもメリットの一つであり、冷えが改善されるとむくみが解消されます。
emsは電気を使った筋肉トレーニングのことであり、元々は病気や怪我のリハビリに使われていました。外側から特殊な電気を送り、刺激を与えることで筋肉量を増やします。筋肉量が増えれば代謝がアップして脂肪を燃焼させる働きが強まりますので、その結果痩せられるわけです。電気の刺激によって反射的に筋肉を動かすので、運動を行う時のような辛さもありません。与える刺激は強弱を調整できるようになっていて、強すぎると筋肉痛になることもあるようです。実際には運動をしていないのに筋肉痛になるほどの刺激を与えることから、emsがどれほど本格的な作用をもたらす施術なのかが分かります。
これらを一つずつ見ても痩身効果に優れていますが、両方を取り入れることで更に高い効果を得られます。目的は異なり、emsが筋肉を増やすことを目的としているのに対してキャビテーションは脂肪を減らすことを目指す施術です。二つを併用すると相乗効果が生まれ、効率良く体内の脂肪を減らすことが可能です。まず最初にキャビテーションで脂肪を乳化させて、次に乳化した脂肪を排出させるためにemsを取り入れます。乳化された脂肪を排出させるためにはマッサージや運動が必要だと言われていますが、emsなら運動効果を得られますし、その作用も高いので効率の良いダイエットになります。また、筋肉量が増えれば基礎代謝がアップして痩せやすい体質になりますので、体質改善にも役立つ方法です。
結果として、リバウンドのしにくい痩せやすい体作りが行える組み合わせですので、これまで色々なダイエット法を試してきて失敗し続けている人でも痩せられるかもしれません。忙しくてエステサロンに通う時間をなかなか作れないような人でも、1回の施術で大きな変化を実感できる組み合わせであり、実際に試してみると効率の良さを実感できるはずです。キャビテーションには引き締め効果も期待できます。

痩せると評判になっているキャビテーション施術

ダイエットをしてもなかなか続かない、痩せたい部位だけ細くならない、そんな経験がある方は多いでしょう。女性の場合、食事制限だけでダイエットを行うとバストから先に痩せてしまうことも少なくありません。ウエストや太ももなど、気になる部分を集中的に細くしたいのなら、キャビテーション施術に注目をしてみましょう。
キャビテーションは超音波の作用を利用して、脂肪を減らすという施術です。特殊な超音波を照射すると、その場所に気泡が生じます。そしてその気泡が潰れると、衝撃波によって脂肪が乳化するという仕組みです。
この施術のメリットは、体に優しい作用で無理なく脂肪を溶かすという点にあるでしょう。脂肪吸引手術や脂肪融解注射のように、体に直接針を刺したり、メスを入れる必要はありません。影響の少ない超音波のみで施術を行うため、副作用や痛みに悩まされるリスクがないのです。
穏やかな作用をもたらす施術方法ですが、意外と即効性がある、ともいわれています。脂肪に働きかけるだけでなく、むくみを解消する作用も持っているため、体に水がたまりやすい体質の方の場合、一度の施術で効果を実感できることもあるのです。
キャビテーションはリバウンドが起きにくい痩身方法としても、人気を集めています。一般的な方法によるダイエットで、もっとも注意したいのはリバウンドを生じさせない、ということでしょう。食事制限によってダイエットを行なった場合、体が少ないカロリーに慣れてしまうと、その後リバウンドが生じた際に、以前よりもさらに太ってしまう可能性があります。摂取カロリーが少なくなると、体自身が基礎代謝を低下させてバランスをとろうとするためです。基礎代謝が低下すると消費されるエネルギー量が減少してしまうため、食べた物のカロリーを使い切れなくなり、結果として脂肪が増加することになってしまいます。
超音波による施術は脂肪に直接働きかけるため、基礎代謝の低下を招くことはありません。リバウンドせずに無理なく痩せたい、そんな方にピッタリな施術だといえるでしょう。
ただしキャビテーションだけでスピーディーに痩せることは、難しいともいわれています。なぜなら超音波によって溶かされた脂肪を、排出させなければならないためです。ただ溶かしただけで排出させずに放置していれば、体重が減ることはない、ということになります。
効果をきちんと得るためには、超音波によって溶けた脂肪の排出を、促進していく必要があるでしょう。エステサロンは通常、キャビテーション施術とマッサージ施術をセットで提供しています。超音波の作用で脂肪を溶かしたら、その後すっきりと排出できるよう、マッサージを行なっているのです。
超音波の作用を利用した施術なら、気になる部分だけを集中的にケアすることが可能です。脚や背中、二の腕といった痩せにくい部分の痩身を目指すのなら、キャビテーションを体験してみましょう。

キャビテーションを行う業務用の機器の40khzの効果は?

キャビテーションは日本語に訳した場合、「空洞化現象」と訳されますが、液体に圧力をかけると気泡を生じさせ、その泡の中身が空洞化の状態になるからそう言われます。例えば水槽でエアレーション装置で空気を発生させれば泡が出来ますが、それは高圧である液体の中に空気を入れることで局所的な低圧状態になり泡が出来る現象と似ています。
実際にキャビテーションではこの空洞化現象を利用して、肌の深層部に働きかけを行い、それによってダイエットに導こうとします。その原理は超音波を気になる部分に照射を行い、それが皮膚の脂肪部分に届くので、それによって気泡を発生させる仕組みを利用します。
脂肪といっても中は液状化しているため、超音波の振動を与えると気泡が発生しますので、それを利用していきます。実際には脂肪細胞同士が振動すると熱を生じさせ、脂肪を溶かす作用を持つのでそれによって脂肪自体の軽減を図ることが可能です。
もちろん軽減された脂肪は、血液やリンパの流れに乗り、体外へ排出させる形になり、外見を良くする他に体重を減らすこともできます。なおキャビテーションをやらずとも、運動や筋トレなどを行えば脂肪が燃焼するのではという意見もあるかもしれません。
しかしながらなかなか運動や筋トレでは、脂肪が燃焼されにくいのも事実で、より局所でも効果的に燃焼させていくためにキャビテーションの施術を行うことが適しています。なおキャビテーションを行う上では超音波を照射することができる専用の機器を必要としますが、それには出力パワーがカギを握ることが多いです。
出力パワーが高ければ効果が高く、低ければ効果も低くなります。ただ出力パワーが高い分だけで体の皮膚に負担を与えるリスクも高くなるのは言うまでもありません。
そして出力パワーは周波数の単位でもあるhzで表記することも可能で、一般的な業務用で用いられている機器は40khz以上になります。実際の40khzの場合では皮膚の深層部分の浅いところまで届くことが可能で、一般的な業務用ではよく用いられます。
もちろん高出力のタイプも存在し、25khzであれば脂肪深層部を通りこして筋肉層の手前まで働きかけることができるようになります。一方では家庭でも行いたい方のために家庭用の機器も存在し、そのパワーに関しては330kHz以下が多く、非常にコンパクトに行うことができます。
もちろん330khzであれば、皮膚の浅い脂肪分のみになるため、なかなか効果が現れにくいため、かなり太っている方や脂肪がよくついている部位では、ほとんど期待される効果を得られないです。大抵は40khzからスタートして、25khz付近まで徐々に出力を上げていき、筋肉層に近い脂肪層から施術を行うことがポイントになります。
機器の価格に関しては40khzであれば標準タイプになり、40,000~100,000円の範囲内ですが、25khzであれば100,000円以上になることも多いです。つまり出力パワーによって価格が変わってくるので、キャビテーションを行う上でのポイントになります。

ポンプ破壊の原因と言われるキャビテーションとは

キャビテーションは痩身機器として知られている美容商品です。主にクリニックなどで導入されているもので、利用者の脂肪細胞を破壊します。欧米の美容業界では古くから注目されているものです。キャビテーションというのは空洞現象とも言われています。ポンプやスクリューが破壊されてしまう原因の1つとして知られています。
レンズ洗浄機というものがありますが、これは超音波の泡の中にレンズを入れて洗浄するものです。この泡の部分がキャビテーションでごく小さな気泡が破裂するときの衝撃により脂肪細胞を分解します。基本的にキャビテーションは脂肪細胞だけを分解する仕様なので他の場所に傷が入りません。かなり安全に作られたものなので信頼感があります。
メスなどを一切使用しないので痛みや腫れもなく安心して利用できるのが強みです。近年は脂肪吸引に次ぐ部分痩せの手段として多くのクリニックで導入されています。実際にキャビテーションを使用して脂肪除去施術方法ですが、まずトリートメントを行います。その後専用機器を使用して脂肪層に泡を発生させて衝撃波により脂肪細胞の細胞膜を破壊します。
脂肪細胞破壊作用は施術から数時間ほど継続します。体内に漏れてしまった脂肪溶液は、3日ほど掛けてリンパで肝臓に流れます。肝臓で分解されて尿として体外に排出されるので安心です。1回のトリートメントで効果を実感する事ができるので何回も行う必要がありません。さらにダイエットでは除去しにくいセルライトの除去も可能なので人気があります。
施術時間ですが1部位当たり10分から20分程度です。あまり時間もかからないので少ない部位の処理なら仕事帰りにも利用できます。キャビテーションをする時に気になるのが料金でしょう。基本的に1パーツ当たり7000円くらいと考えておくと良いです。
2013年後はじめて登場したもので、当時は1部位2万円から3万円くらいはしていました。その後機器の能力も向上して従来よりもコストが少なくなったため値段は安くなっています。ただエステによっては利用金額に差があるので注意が必要です。高いところなら3万円位するサロンもあります。公式サイトを見てどれくらいの金額がかかるのか確認しておくと良いでしょう。
サロンによっては体験料金で利用できます。初回限定で通常料金よりも安価に利用できるのがメリットです。通常料金の約半値から4分の1位の金額で利用できるので、どんなものか確かめたいときに良いです。注意点として個人エステで利用するときは料金だけでなくその他の費用も確認しておきましょう。脂肪除去費用だけを表記しているところだと、他の手術とセットになっている可能性があります。
表記金額よりも高くなってしまうので内容をしっかり確認しておかないといけません。ちなみにマシンは医療用と医療エステ用のものがあります。医療用のものは導入しているクリニックが少なく料金も高めです。